Research Articles神経幹細胞に対するカゼイン由来オピオイドペプチドの分化神経原性効果:レドックスベースのエピジェネティックな変化への影響

β-カソモルフィンBCM7などの食物由来ペプチドは、消化管および血液脳関門を通過する可能性があり、神経障害および神経発達障害に関連している。 我々は以前にbcm7が炎症性の結果につながる神経細胞の抗酸化レベルに影響を与える新しいメカニズムを確立しました。 神経幹細胞(Nsc)の神経発生を実験モデルとして用いて,カゼイン由来ペプチドが神経発達に及ぼす影響を明らかにした。 まず,NSC分化(神経新生)中の細胞内チオール代謝産物の一過性変化を調べた。 次に,食物由来オピオイドペプチドの神経原性効果を,細胞内チオール代謝産物,酸化還元状態およびグローバルDNAメチル化レベルの変化とともに測定した。 我々は、NSCsの神経新生が増加したアストロサイト形成を誘導したウシBCM7とは対照的に、a2由来BCM9に続いて、より大きな程度にヒトbcm7によって促進 この効果は、ヒトBCM7を1日後に3日間投与したときに最も明らかであり、免疫細胞化学と一致していた。 さらに、ウシBCM7とモルヒネによって調節される神経原性変化は、グルタチオン/グルタチオンジスルフィド比の増加とs-アデノシルメチオニン/S-ア 最後に、ウシBCM7とモルヒネは、NSCsを区別する際にDNAメチル化を減少させた。 これらの結果は,食品由来のオピオイドペプチドとモルヒネが酸化還元状態の変化とエピジェネティックな調節を通じてNscの神経発生と分化を調節していることを示唆した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。