管の鋼鉄-ASTM A1085対A500

AISCの雑誌、現代鋼鉄構造はエンジニアが市場の開発に気づいてい 彼らの最新版は、この2月からA1085に言及していますが、それでもA500グレードCを標準として提案しています。 彼らはA1085があなたの地域で利用可能で手頃な価格であることを確認することをお勧めします-あなたがすでに持っているように聞こえます。 これはすべての地域で当てはまるとは限りません。あなたの練習では役に立たない最大降伏強度以外に、他にもいくつかの便利な機能があります。

第一に、この記事によれば、製品形態にかかわらず、同じ機械的特性が指定されています。 対照的に、A500Gr Cの管に正方形/長方形および円形の管のための別のFyがあります。 また、A500は実際の壁厚さが大きい分散によって減るようにする。 これはより少なく正確な方法によってより安い製造を可能にするように意図されていましたが現代製鉄所と、管は一貫して小型作り出されます。 このため、計算では、壁の厚さを公称値から7%削減する必要があります。 これらの問題は、鋼を指定する際の主要な考慮事項ではありませんが、設計プロセスを簡素化し、エラーの機会を減らすことにいくつかの魅力がありま

この規格では、コーナーの最小半径も指定されており、コーナーの亀裂のリスクが軽減されます。 以前は、AWS D1.1とAISCマニュアルでは、溶接や亜鉛めっきによる大きな応力を受ける正方形および長方形のA500部材のコーナークラックの危険性につい この恐怖がなくなるのか、A500がすでにかなり均一な半径で生成されているため、新しい標準を使用すると定量化が容易になるのかはわかりません。

あなたが指摘しているように、A1085チューブを指定する主な下側はコストです。 さらに、特定の地域以外のプロジェクトを指定している場合は、現在の可用性を考慮できない場合があります。 あなたが軽い仕事をするならば、もう1つのダウンサイドは、A1085がA500のような1/8″の壁の厚さでは利用できないということです。 あなたの状況では、これらの考慮事項は、あなたが限り、それがまだ利用可能であるように、コストを削減するためにA500を指定し続ける必要があり、洗 耐震設計のための明確な利点は、この新しい管規格の広範な使用につながる可能性が高いと思われる。 もしそうなら、それは最終的に全国的にデフォルトになり、A500があまり容易に利用できなくなるため、単に切り替える必要があるかもしれません。 一方、設計値はかなり類似しているため、設計内の管鋼がいずれかの仕様に適合するようにすることが適切である可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。