フリードラントの戦い

フリードラントの戦いは、ナポレオン1世が指揮したフランス帝国軍と、フォン・ベニグセン伯爵率いるロシア帝国軍との間のナポレオン戦争の主要な戦闘であった。 ナポレオンとフランス軍は決定的な勝利を得て、ロシア軍の多くを敗走させ、戦闘の終わりまでにアルレ川の上に混沌として後退した。 戦場は現在のカリーニングラード州、ロシアのプラヴディンスクの町の近くに位置しています。
フリードラントでの交戦は、1807年のアイラウの戦いの後に戦略的に必要とされたが、どちらの側にも決定的な判決を下すことができなかった。 戦闘は、ベニグセンがフリードランドの町で孤立しているように見えるランネス元帥の予備隊に気づいたときに始まった。 ベニグセンはヴェーラウへの北進を確保するだけであり、ナポレオンの数値的に優れた部隊との交戦を危険にさらすつもりはなかったが、ナポレオンがそれを救う前にこれらの孤立したフランス軍を破壊する良い機会があると考え、アルレ川の上に全軍を命じた。 ランヌは巧みにナポレオンがフィールドに追加の力をもたらすことができるまで、決定されたロシアの攻撃に対して彼の地面を開催しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。